上海に1年間留学するために必要な準備費用は40万円

1年間の上海交換留学に必要な費用は約40万円でした。

上海に1年間交換留学するにあたり必要な費用についてみなさん気になるかと思います。

1年間といっても正確には、前期4ヶ月+休み2ヶ月+後期4ヶ月の10ヶ月です。

今回は留学出発前の準備にかかった費用を内訳とともに紹介します。

留学準備40万円の費用の内訳

  • 航空券 56,000円
  • 海外旅行保険 76,000円
  • 現地保険 13,000円
  • 寮費(2人部屋) 220,000円/年
  • 1年間の生活用品 52,000円
  • ビザ費用 8,400円
  • 計 425,400円

私は交換留学のため、現地中国の大学に払う学費はありません。ですので、語学留学や私費留学等で留学を考えている方は40万円+学費がかかります。この点のみご注意ください。

準備にかかった費用を項目ごとに、1つずつ見ていきたいと思います。

航空券:¥56,000

航空券はJALやANAではなく中華系航空を使うと安く済みます。が、私は寮の決定が遅く航空券が高騰する前にチケットを買うことができませんでした(泣)。

JALで調べてみたところ、片道だと120,000円でしたが、往復で調べると56,000円だったので、往復チケットをJALで購入することにしました。

航空券の検索は、「スカイスキャナー」で。

スカイスキャナー

これは私なりの持論ですが、留学へ向かう際の航空券を買うときに注意した方がいいと思う点が2つあります。通常の旅行であれば、少々のことは気にせず安い航空券で行くのですが、なんせ長期の留学です。さてこれから海外で長期間生活しようというときにしょっぱなからトラブルがあると疲弊してしまいます。

そんなことわかっとるわい というような注意点ですが、よければ目をお通しください。

  • 預け荷物の個数と重さを確認する
  • 飛行機の現地到着時間に注意する

まず1つ目は、預け荷物の個数と重さを確認することです。私は大きなスーツケース2つで行く予定なので、2つ預けることが条件としてありました。

LCCだと安いチケットが(上海であれば、片道1万円〜)ありますが、無料受託荷物がないので今回はパスしました。預けることができる最大のスーツケース2つでもパンパンです。留学となれば、あれもこれも持って行きたいよね。

2つ目は、現地に到着する時間を確認することです。

現地に着いてすぐに寮に入寮するのか、一旦ホテルに泊まるのかは人それぞれ、大学によってそれぞれだと思いますが、そのまま当日入寮する場合は、オフィスアワーの時間内で入寮できる到着時間にしておくのが安全です。遅延等も予想されるので、夜の到着はあまりおすすめしません。留学初日からトラブルに巻き込まれて、参ってしまっては困るので。

私は上海までのフライトまでなので直行便ですぐに行くことができますが、ヨーロッパ方面の友人は乗り継ぎも考慮しないといけないと言っていました。多少のお金がかかっても、日本からの渡航は長期間の海外生活のスタートですから心身ともに無理のないフライトを選択するのが良いと思います。

海外旅行保険:¥76,000

海外旅行保険は万が一のための保険なので、入っておきましょう。

ちゃい

クレジットカード付帯の保険でいいか〜

と思っているそこのあなた。

自分は病気や怪我をしないと思っていても、何が起こるかわかりません。交通事故に遭うかもしれないし、寮の備品を壊してしまうこともあるかも。何かがあったときに困るのはあなたではなく、あなたの家族です。それを心に留めて海外旅行保険には必ず加入していきましょう。

私は、大学と提携した東京海上日動の海外旅行保険に加入しました。留学プログラムのある大学であれば、大学と提携した海外旅行保険があるはずです。その保険を利用すれば通常よりも安い保険料(40%〜50%OFF)で加入することができるので一度探してみてください。

中華人民共和国の現地保険:¥13,000

現地保険には、オンラインで加入しました。1年の滞在の場合には、加入が義務付けられているということだったので検討の余地なく加入しました。中国の現地保険だけでは全てをまかなうことができませんので、中国の現地保険に加入したとしても、必ず海外旅行保険には加入しておきましょう。

www.chaichaichina.com

上海交通大学の寮費:¥220,000

寮費については、当初プライベート空間を確保するべく絶対に1人部屋がいい!と思っていたのですが…寮申請で1人部屋は圧倒的な早さでなくなってしまい…。

なんとか2人部屋を確保しました。寮を予約できなければ、オフキャンパスのアパートメントを自分で探さなければならないところだったので、その危機からは脱することができました。そのおかげ(?)で寮費を節約することができたので、まあよかったかなと思います。2人部屋であれば、1人部屋より安いですからね〜。

また、上海は物価に比べて家賃が恐ろしいくらい高いです。オフキャンパスで交通の便やある程度のきれいさを求めると1か月6万円〜ほどかかります。

上海交通大学徐汇キャンパスの桃李苑は、1人部屋だと1年間で約35万円です。

はらはらどきどきの上海交通大学の寮申請についてはこちらへ。

www.chaichaichina.com

中国留学ビザ申請費用:¥8,400

ビザ申請に関しては自分でビザセンターにて手続きをしたので、8,400円でした。

www.chaichaichina.com

留学の1年間で必要な日用品:¥52,000

1年間の生活用品についてですが、私は留学先にスーツケースに入るだけありとあらゆるものを持っていこうとしています。ですので、スキンケアからシャンプーから文房具まで自分の好きなどうしても譲れないものだけ揃えました。

また普段から1dayコンタクトを使用しているので、高くなってしまいました。コンタクト不要な人はここはかなり抑えられるのではないかと思います。

コンタクト以外の日用品は、現地で調達することも可能です。が、私はドラッグストアでアルバイトをしていたときに中国人が大量に日本の化粧水などを買っていくのを見て、自分も買って持って行くことを決意しました。

日系スーパーや日用品店はあるので、買うことはできるのですが、やはり日本で買うより高くなってしまいます。

www.chaichaichina.com

www.chaichaichina.com

まとめ

以上、これらの準備費用で約40万円かかりました。ここにプラス現地での生活費(食費と雑費)が足されるイメージです。 1年間で合計いくらかかるのかな?

帰国後にまとめたいと思います。

【追記】 VPNを利用したいという方は、VPNの契約を日本で行っておく必要があります。VPN会社にもよりますが、月1,000円〜が相場です。無料のVPNネコというアプリが人気ですが、無料のVPNはセキュリティ上の問題が心配なので、私は使っていません。

中国で一番繋がるVPN「ふぐVPN」がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です