まさかの中国留学中断!これからどうする?

新型コロナウイルスの影響が日本でも広がってきましたね…。私は2019年秋〜2020年夏まで上海交通大学にて交換留学を予定していたわけですが、春節明けの春学期の再開が未定となり、とりあえずオンラインで授業を開講することになりました。コロナウイルスの影響で緊急一時帰国したということもあり、毎日毎日これからどうやって過ごしていこうかと途方に暮れています。

新型コロナウイルスに対する見方

新型コロナウイルスが日本でも猛威をふるい初めており、各種イベントが中止される事態となっておりますが、仕方がないことだと思います。中国では政府からの発布があった当日に観光施設が全て閉まるという状況でしたので…。

以前に新型コロナウイルスに対する配慮のお願いという記事を書きましたので、よろしければご覧ください。

武漢で発生した新型コロナウイルス肺炎に関するお願い

さて、新型コロナウイルスに対する見方は様々ですが、今回は上海に交換留学中であるという状況の私の視点で様々に書いて行きたいと思います。

まず、中国から留学で帰ってきた人に対して

  • なんで日本にいるの?
  • これからどうするの?
  • 14日経った?

と聞きたくなるかもしれませんが、開口一番にこれらを聞かれるととてもつらいのです。4月から大学4回生となる身ですので、大学卒業、就職などが目の前に迫っています。そのこと(将来)に対する不安が山ほどあり、そしてこれからどのようにしていけば良いのか自分でもわからない状況です。

私だって日本にいたくて戻ってきたわけではないし、留学を中断したくて日本に戻ってきたわけではありません。中国にいた時に身の危険を感じたから逃げ帰るように日本に戻ってきたのです。

しかし、日本に戻ってからは「なんで日本にいるの?」と聞かれたり、日本にいるからという理由で支給されていた奨学金が停止されてしまったり、中国では非常事態(戦時中かと思うレベルの怖さでした)にも関わらず、「日本に帰って来なければよかったのではないか」と思うことが多々あります。

今回のコロナウイルスについては、自分ではどうしようもできないことであるとは理解していますが、大学入学時から3年間かけて準備してきた留学が無下にも途中でやむなく中断してしまいとても悲しいです。

なぜ今年なのか、なぜ今なのか、なぜ……と言ってもどうしようもないことでとても苦しんでいます。

このような状況になってしまったため、上海交通大学では春学期の授業は、まずはオンライン上で行うと決定しました。上海交通大学に限らず、中国各地では学校が再開できないため、オンラインでの授業が進められています。

オンライン授業の小話

  • 「希望19楼不要在楼上跳绳,因孩子在上直播的课麻烦注意」
  • 「不好意思,我家在上体育课」
  • 「19階の方、上で縄跳びしないでください。私の子供は今ライブの授業中なんです。お願いしますね。」
  • 「ごめんなさい、私の家では今体育の授業中なんです。」

という笑い話のような状況も発生しております。

オンラインで交換留学なんて最初で最後の体験になるだろうし、他の人はきっと経験できないことだから…とプラスに考えることにしました。

今後の選択肢

さて、これからどうするか。今の状況は放心状態に近いです。やらなければいけないことややるべきことを理解しているし、次に向けてすぐに行動しなければならないけれど、なかなか全速力では準備できないという状況です。

たとえとして正しいかどうかはわかりませんが、「誰もが憧れる超一流企業から内定をもらって将来安定勝ち組!」と思っていたのに、就職前に倒産して内定取り消しとなってしまったという状況のようです。絶望感と言いますか、これからどうしたらいいのかわからない不安と言いますか、とりあえずお先真っ暗という言葉が出てきます。

こんな状況の中、私に与えられた選択肢は

  • 上海交通大学のオンライン授業を受講する
  • 日本の大学に復学する
  • 秋から仕切り直して交換留学へもう一度チャレンジする
  • 卒業論文を書く
  • 就職する
  • 大学院に進学する

というものです。どれもこれも選択肢の一つずつが大きすぎて、どうして良いのか毎日毎日考えが変わる日々です。

迷った時には、出来るだけ多くの人に相談せよ、と言われたので、大学教授を中心に10人ほどに相談しました。様々な人の様々な価値観に触れることで、少しずつ自分の進むべき方向を模索している状況です。

交換留学では2学期目から語学力を含めた諸々の力がさらにぐんと伸びると言われているので、一旦中断をせざるを得なくなり悔しさでいっぱいです。仕方のないことなのですが。

色々な人に相談した結果、とりあえず卒業論文を書きながらオンライン授業を受講するということに決めました。就職活動もしてもう卒業してしまいなよ、とも言われておりますが、そのあたりはどうしようかと考え中です。

今から就職活動して果たして間に合うのかという純粋な疑問。本来であれば、1年休学してから就職するというスケジュールを予定していました。

マイナスをプラスにして戦う

なんやかんやと主張してきましたが、どれだけ嘆いても状況を変えることはできないので、交換留学が一時中止になってしまうというまさかの状況をプラスに変えて戦えるように戦闘力を高めていきたいと思います。

人生で一度しかないかもしれない経験、つらいけれど、加油!

良くも悪くも中国での留学は一生忘れない、そして自分の心の中にいつまでも残り続ける経験となりそうです。

まとめ

予想外、想定外のことが自分の力ではどうしようもない状況で発生した時にどうするか。人生の糧になると信じてじっくり取り組んで行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です