マネーバンクを利用して人民元に両替したら7,000円得したお話

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:chaichaichaina:20190823201324j:plain

外貨両替マネーバンクを利用してかなりお得に人民元をゲットしました。

上海に留学するにあたりある程度人民元を手持ちで用意して持って行った方が良いと思い、あらかじめ日本で人民元に両替することにしました。

 

外貨両替といえば、銀行や空港が思い当たりますが、今回私が利用したのは株式会社スターキャピタルが運営している外貨両替マネーバンク です。外貨両替マネーバンク はレートが他社と比べて圧倒的に良いということで、ネットでの評判がかなり高いです。実際にその日のレートを見てみると本当にいいレートでした。本当にこのレートで両替してくれるの?無事に受け取ることができるの?という半信半疑の気持ちを抱きながら利用してみた感想です。今回は、中国で使用する人民元を両替しました。

 

 

円を元に両替する手段を考える

人民元をいくらか持って行く必要があるな〜そろそろ両替しないといけないな〜と思っていました。さてと、どうやって人民元を手に入れようか?

まず、外貨が両替できる場所を考えます。

  • 空港
  • 銀行
  • 金券ショップ

このあたりが候補として上がってきました。空港での両替はレートが高く、かつおそらく出発前でバタバタするであろうことからこの選択肢はなしにしました。

次に検討するのが、銀行です。銀行のレートを確認して「あ〜まぁこんなもんか?」と思っておりました。銀行に対して無条件に信頼を抱いていたということです。まあ、じゃあ銀行で両替しようか。と思っておりました。

が、しかしさらに調べてみると金券ショップがお得だということがわかりました。ふむふむ。

が、またまたしかし私の家の近くには金券ショップなんぞはありません。

じゃあ、やっぱり銀行で両替するしかないな〜と思っていたのですが、なんとなんと外貨両替を取り扱っている銀行も近所にはありませんでした。

ここで思います。田舎はつらい。

 

マネーバンクを見つける

そんな中、なんと今はなんて便利な時代なんでしょうか。外貨を宅配してくれるサービスがあると知ります。驚きです。銀行ともそんなにレートが変わらなかったので、検索して一番上に出てきたサイトで両替をしようと思いましたが...。いや、送料かかるのね。

納得が行かず、やっぱり電車で市内まで出て両替しようか...。という考えも浮かんできます。

が、しかしレートが良くて配送料も無料というサイトを見つけました。それが「外貨両替マネーバンク 」です。7万円以上からの注文なのですが、1年間留学するので問題ありません。よっしゃ決まり!ということで両替を申し込もうとしましたが...。

 

「入荷待ち」

いつ入荷するかわかりません。とのこと。

間に合わなかったらどうしようかと思いましたが、

まあ、出発まで2週間ちょっとあるからいいか〜と気長に待つことにしました。

 

マネーバンクの良いところ

入荷を待っている間に外貨両替マネーバンク の他とは違う良いところを紹介します。

  • 対応している通貨が豊富
  • レートが他と比較して圧倒的に良い
  • 自宅まで無料で発送してくれる
  • 出発前に空港で受け取ることも可能

 レートが圧倒的に良いというだけで海外旅行者にとっては嬉しい話。私が以前、ヨーロッパへ旅行した時はレートが1€=125円であったにも関わらず、ローマの空港でのレートは1€=150円という破格の手数料を取られてしまいました...。もっと早くマネーバンクの存在を知っていれば...。と悔やんでおります。

それでは、外貨両替マネーバンク の良いところを1つずつ見ていきましょう。

 

対応している通貨が豊富

 対応している通貨は全部で17種類です。普通に海外旅行に行くとなれば、使用するであろう通貨が網羅されています。下記が取引通貨一覧です。

これだけ幅広い通貨がありますので、海外へ行かれる際にはぜひチェックしてみてください。

 

レートの良さ

それでは、続きまして外貨両替マネーバンク のレートが本当に他社より良いのか比較検討していきたいと思います。

その日のレート

私が両替を依頼した当日のレートです。

f:id:chaichaichaina:20190823172354p:plain

8月21日に依頼をしました。その時のレートは1元=15.09円でした。グーグル検索でのレートです。

 

マネーバンクのレート

この日の外貨両替マネーバンク のレートです。

f:id:chaichaichaina:20190823172451p:plain

この日の外貨両替マネーバンク のレートは1元=15.28円でした。

 

ワールドカレンシーのレート

次にMUFJグループのワールドカレンシーでのレートを確認します。

f:id:chaichaichaina:20190823172621p:plain

8月21日の中国人民元のレートは1元=16.74円でした。

 

トラべレックスのレート

こちらも外貨宅配サービスがある会社でございます。空港で良く見かけるトラべレックスです。こちらのオンラインレートとも比較したいと思います。

f:id:chaichaichaina:20190823172858p:plain

8月21日のトラべレックスでのレートは1元=15.9円でした。

 

これらのレートを元に外貨両替マネーバンク での外貨両替は一体いくらお得だったのか検証したいと思います。

 

結局いくら得したのか?

外貨両替マネーバンク で4600元を70,288円で購入しましたので、4600元を手に入れるためにほかのサービスを利用するといくら必要になるのか計算してみたいと思います。

 

ワールドカレンシー:4600元=77,004円

 

トラべレックス:4600元=73,140円+1,000円(配送料)

 

という結果になりました。額が大きくなればなるほどレートでこれだけの大きな差が生まれます。

最初に両替をしようとしていた銀行との差額は、¥77,004-¥70,288=¥6,716 

外貨両替マネーバンク を利用して両替したおかげで、銀行で両替を行うのと比べて7,000円近くお得に両替することができました。7,000円あれば上海で半月ご飯を食べることができます。助かりました。

 

自宅や空港で受け取りが可能

外貨両替マネーバンク の良いところ3つ目です。送料無料かつ自宅や空港(成田・羽田・中部・関西・新千歳)での受け取りが可能なことです。これは近くに外貨を両替する施設がない私のような田舎に住んでいる人にはとってもありがたいサービスです。

 

入荷待ちを経て

さてさて外貨両替マネーバンク の良いところを見ている間に中国人民元が入荷していました。

入荷待ちの表示が出ていた次の日の朝10時頃に確認すると人民元が入荷しておりましたので、迷わず購入しました。お昼過ぎには入荷待ちの状況になっていたので、朝から1時間置きくらいにチェックして入荷していたらすぐに購入することをおすすめします。通貨によって異なりますが、だいたい毎日入荷されているようです。

人気のある通貨(米ドル、ユーロ、人民元、ウォン、豪ドル)に関しては、なくなるのが早いので朝にチェックして購入するのが良いかと思います。

 

実際に注文してみる

1日待って、次の日の朝10時頃に人民元が入荷していたので迷わず購入しました。私が購入した時は、1元=15.28円でしたので7万円以上になるように金額を調整しました。

4600元=70,288円で購入しました。7万円以上から両替可能なので、アジア方面への小旅行〜3泊4日であれば外貨が余ってしまうかと思います。両替可能は7万円以上からという点にご注意ください。

 

銀行口座に入金する

申し込んだ金額をゆうちょ銀行か楽天銀行に振り込みます。私は楽天銀行の口座があるので、楽天銀行を指定しメールに記載された口座へ振り込みを行いました。楽天銀行同士のやりとりとなるので振り込み手数料が無料だったので助かりました。

 

その日のうちに発送される

指定時間内(私の場合は14時でした)に入金を完了すると、その日のうちに発送していただけます。発送とともに、簡易書留の追跡番号が記載されたメールが届きました。

 

2日後に自宅に簡易書留で届く

外貨両替マネーバンク より発送されてから2日後に簡易書留にて無事受け取りが完了しました。実際に届いたものを確認するとお札も新札で綺麗なものでした。どこよりもお得に両替することができたことに加えて迅速・丁寧な対応をしていただけたことに大変満足しております。ありがとうございました!

 

まとめ

14時までに入金すると当日発送、2日後には外貨を自宅で受け取ることができました。田舎で外貨両替場所が近くになく困っていたこと、さらに空港での両替手数料に悩まされていましたが、外貨両替マネーバンク はそれらを解決してくれる素晴らしいサービスでした。空港や銀行では考えられないような好レートで両替をしていただけたことに感謝です。7,000円というと上海での半月分の食費ですからね。また、海外へ行く際には利用させていただきたいと思います。