交換留学の志望動機書の書き方

交換留学の志望動機書の書き方についてまとめました。

  • 交換留学に行きたいけれど、志望動機書の書き方がわからない
  • 何を書いたら良いのかわからない
  • 志望動機書の書き方のコツを知りたい

という人におすすめの記事です。

実際、私も交換留学に行きたい気持ちがあるにも関わらず、何を・どのように書いたら良いのかわからず試行錯誤しながら完成させました。今回は、交換留学の志望動機を作成するにあたり、どのようなことを意識して作成したのかについて紹介します。

交換留学志望動機書の構成

まずは書きやすいように、交換留学志望動機書の構成を固めてしまいましょう。今から紹介する型にこだわる必要はありませんが、書き方を考え込んでしまって筆が中々進まない場合は、下記で紹介する型に当てはめてとりあえず書いてみてください。ある程度、自分の想いを表す文章が書きあがったら、自分なりにカスタマイズしていきましょう!

大学によって志望動機書の様式が決まっており、字数も制限されているかと思います。私の大学ではA4 1枚におさめる形式でしたので、こちらの形式の場合の書き方の構成について紹介します。

まず、最初にお断りしておきたいのですが、留学志望動機書を完成させるにはものすっっごく時間がかかります。自分の中で考えをまとめたり、その考えを人に伝わるように書き出してみたり。提出前に何人かの人に読んでもらってフィードバックをもらったり。これらの過程を経てようやく完成するものですので、締め切り1週間前で慌てて書類作成するようなことがないように、余裕を持って書類作成をして行きましょう。

ちなみに志望動機書完成まで約1ヶ月かかると思っておいた方がいいです。それだけ時間をかけて丁寧に書きあげましょう。

3段構造にする

それでは、実際に書いていきましょう。自分が留学に行きたい理由について3段構造にすると書きやすいので、構成に迷ったらこちらで一度書いてみましょう。書き方に正解はないので、あくまで参考程度に。

1段目:学術面での関心について

まず、自分が留学でテーマとすることについて記述し、なぜそのテーマに興味を持ったのかについて背景を記入します。そして、留学先の大学で学びたいことについて書きます。具体的に授業名をあげて記述すると審査官にも実現性が伝わります。

また、その学習したいことをこれまで大学で学習してきたとアピールしましょう。そして、その学習と今回志望する留学がどのように関連しているか説明してみてください。具体的なエピソードを交えて書くのがおすすめです。私がしたいこのテーマはこの国のこの都市じゃないとダメなんだ!!と強く主張して書くと良いです。

2段目:留学先大学の環境について

2段目には留学先大学について書きます。留学先の大学がどのような環境なのか(図書館や博物館、学生数、留学先の都市など)を記述し、このような環境が整っているこの大学だからこそ、自分のやりたいこと、目的やテーマを達成することができると強く主張します。

3段目:留学後の展望について

留学で何を得たいのか、その得たものを帰国後どのように活かすのかについて記述します。自分のことについてでも良いですが、大学協定校へ派遣の交換留学生なので、社会に役立つ点をアピールしましょう。

この3段階で書いていくと話の流れがわかりやすくなります。

過去(興味を持った)→現在(何を学ぶか)→未来(留学の経験をどのように活かすか)と時系列に沿って記述できます。

交換留学の志望動機を書くときの注意点

用紙いっぱいいっぱいに書きたい気持ちはわかりますし、書かないより書いた方がいいのは間違いありませんが、たくさんの要素を入れすぎないように注意が必要です。

例えば、ニューヨークに留学したい、ファッション・移民問題に関心があるから。であれば、異なる軸のものが混ざってしまい、方向性が定まらなくなります。ファッションならファッションと一つの軸に絞った方が書きやすく、一貫性のある文章になるので軸を決めて一貫した姿勢で書くことを意識してみてください!

また、自分が何気なく書いた過去の事件や何気なく書いた単語について面接で突っ込まれる可能性があるので、要注意です。あえてつっこませて、自信満々に回答するのもありですが。

書類審査を元に面接が行われるということをお忘れなく。蛇足は書かないのが吉です。

実際に一例を書いてみました

私は日中関係を軸として書いてみました。

  •  私が◯◯大学に留学を志望する理由は3つある。第一に学術的関心、第二に留学先大学の環境、第三に留学後の展望についてである。
  • 第一の学術的関心について、私は日中関係に興味がある。〜〜(日中関係に興味を持った背景を具体的に記入)〜〜。日中関係が複雑なのは〜〜というのが一因であると考える。大学の授業で学んだ◯◯では立場によって◯◯と見たり、◯◯と見たりするなど物事の見方が大きく異なるということを学んだ。〜〜という授業(授業名を具体的に記入)を受講することにより、自分の興味関心を深めることができる。〜〜〜。
  • 第二の留学先大学について、上海は中国国内においても経済が発展した都市であり、激しく流動性のある都市である。そんな都市で学びたいと思う現地の学生や世界中からやってくる留学生と交流できる最適な都市であると考えた。〜〜(留学先の都市や留学先大学の魅力について記述:図書館など)。
  • 第三の留学後の展望について、留学で学んだ◯◯を活かし、〜〜したい/卒業研究を進める予定だ。そして、小さい頃からの夢である◯◯の仕事につくことで、◯◯に貢献したい。/留学で学んだことを活かして日中間の文化交流を促進する手段についてさらに模索していきたい。
  • 以上の3つの理由から私は◯◯大学への交換留学を志望する。

あくまでも一例ですが、3段構成を利用して書いてみました。構成の参考になりましたら幸いです。

まとめ

交換留学の志望動機書を書くのは骨の折れる作業ですが、留学で自分は何をしたいのか、何を軸として生活していくのか、明らかにできる作業です。

書類作成の時点でしっかりした軸を持っていれば、その後の面接や奨学金申請でも自分が設定した軸に沿って話すことができます。時間はかかりますが、がんばって書いていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です