レンヌからモンサンミッシェルへの行き方とおすすめのレストラン

レンヌからモンサンミッシェルまでバスで行ってきました。

ずっとずっと行ってみたかった憧れのモンサンミッシェルに行ってきました。パリから日帰りでも行けるようですが、私はレンヌに1泊してレンヌからバスでモンサンミッシェルへ行ってきました。モンサンミッシェルで食べたランチが安くて美味しかったのでそちらも紹介します。

レンヌからモンサンミッシェルへの行き方

私はレンヌに一泊して、レンヌからバスでモンサンミッシェルへ行ってきました。

f:id:chaichaichaina:20190517122433j:plain

レンヌ駅のバスターミナルです。

f:id:chaichaichaina:20190517122525j:plain

画面左がバスチケットオフィスです。私が行った日は平日でしたが、こちらのバスチケットオフィスは閉まっていたので、バスの運転手さんから直接購入しました。

カード・現金共に使用可能ですが、帰りのバスでカードの機械が故障してしまい、現金のみの取り扱いだったので、現金も準備しておいた方が良いです。外国人カップルがカードしか持って来ておらず、レンヌに着いたらATMで引き出してねと言って乗せてもらっていました。

バスに無事に乗り込み、いざモンサンミッシェルへ向かいます。

車窓からはさすがは酪農国と言わんばかりに、牧場が広がっています。

f:id:chaichaichaina:20190517123044j:plain

どこを見ても「牛!牛!牛!」でほっこりしました。

モンサンミッシェルに到着

レンヌからのバスは直通なので、乗っているだけでモンサンミッシェルに到着します。さてモンサンミッシェルに到着したら、インフォメーションセンターでパンフレットをもらいます。日本語のものもありました。インフォメーションセンターのトイレは無料ですので、済ませておくことをおすすめします。

ツーリストセンター(インフォメーションセンター)からモンサンミッシェルまで行くには3つの方法があります。

  1. シャトルバス
  2. 馬車
  3. 徒歩

余程、時間がない場合を除いて行きは徒歩、帰りはシャトルバスでの移動がおすすめです。

インフォメーションセンターからモンサンミッシェルまで徒歩で行くと35~40分ほどかかりますが、だんだんと近づいてくるモンサンミッシェルを見るのは荘厳です。

f:id:chaichaichaina:20190517123821j:plain

f:id:chaichaichaina:20190517123836j:plain

f:id:chaichaichaina:20190517123850j:plain

どん!美しい。海の中にポツンと存在するモンサンミッシェル。息を飲む迫力と感動がありました。夜と朝一のモンサンミッシェルも見てみたい。次に来るときには絶対泊まりたい!

モンサンミッシェル島内の様子

f:id:chaichaichaina:20190517124310j:plain

f:id:chaichaichaina:20190517124337j:plain

お土産屋さんやレストランがずらっと並んでいました。可愛い。

モンサンミッシェル島内は道幅は狭く、階段や坂が多かったので歩くのは一苦労でした。ここをスーツケースを持ってゴロゴロ行くのはさすがに厳しいかと思います。島内ホテルに宿泊を検討されている方は要チェックポイントです。

モンサンミッシェルおすすめランチ

モンサンミッシェル島内をゆっくりと見学して、満足行くまで写真を撮ったら、ランチタイムです。

モンサンミッシェルと言えば、オムレツ!モンサンミッシェル島内で食事をしてもよかったのですが、狭く人混みの中で食事をするのが嫌だったので、モンサンミッシェルを後にしてランチに向かいます。

モンサンミッシェルを後にして食べたランチが満足度が高かったので、紹介します。紹介するお店の場所は、ざっくり言うとインフォメーションセンターとモンサンミッシェルの間にあります。

モンサンミッシェルへのシャトルバスのバス停に下の写真のように牛さんのオブジェがたくさんある場所があります。

f:id:chaichaichaina:20190517124826j:plain

ここを少し進むと

f:id:chaichaichaina:20190517124917j:plain

噴水の牛さんが出てきます。この牛さんの隣のレストランで食事をしました。

食べたものはもちろんオムレツです。

f:id:chaichaichaina:20190517125035j:plain

ベーコン&チーズのオムレツを食べました。お腹が空いていたからなのか、めちゃくちゃ美味しかったです。これだけでお腹いっぱいになったのですが、調子に乗ってしまい、デザートも注文しました。

f:id:chaichaichaina:20190517125221j:plain

クリームブリュレです。美味しかった。

2つ食べて16ユーロでした。満足です。

他にもムール貝やチキンステーキ、ハンバーガーなど種類が豊富だったので、モンサンミッシェルでレストランに迷われたらこちらのレストランおすすめです。テラス席もありますし、室内の座席も広くてのびのびと食事をすることができました。

レンヌで1泊かパリから日帰りか

私はレンヌで1泊してモンサンミッシェルに向かいましたが、パリからモンサンミッシェルまで日帰りでいけるのでは?という疑問をお持ちの方もいるでしょう。

結論から言うと、行くことができます。

ただ、パリからレンヌまでTGVに乗り、レンヌからモンサンミッシェルまでバスに乗って向かうという方法で自力で行こうとすると、パリを朝早く出発し、モンサンミッシェルでの滞在時間は短いにも関わらず、パリに着くのは夜というスケジュールになり、キチキチです。

TGVとバス代を合わせると10,000円近くになるので、パリから日帰りの場合はベルトラのオプショナルツアーの利用がおすすめです。ノルマンディーのいなか村散策も付いているのでお得です。

しかし、私は1人旅だったので、オプショナルツアーでも夜にパリに到着し、そこから一人でホテルまで移動することが怖かったので、レンヌで1泊するという手段を選びました。次に行くときには1人旅でなければ、パリからのオプショナルツアーを利用したいと思います。

まとめ

  • バスに乗るときは、現金を用意
  • ランチは牛さんのレストランで
  • パリからの日帰りの場合はオプショナルツアーがおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です