中国語学習3日目:複母音その1


中国語学習Day3へようこそ。中国語の四声・母音のイメージはつかめましたか?

これから約1ヶ月間は発音をむきむき鍛えていきます。がんばっていきましょう!

中国語学習に必要な教材や心構えはこちらの記事にまとめていますので、まずはこちらの記事からご覧ください。

ゼロから独学で中国語を学ぶための学習方法
  • 本日の学習内容は、中国語の複母音の発音についてです。

前回少しコツを掴んだ四声+母音を元に中国語の複母音の発音練習をしていきます。

では、早速内容に入っていきましょう。

テキストp.20を開いてください。本日はテキストp.20〜p.33まで学習していきます。

まだテキストを購入していない方はこちらから。

発音練習の際には

  • 大袈裟に発音する
  • 大きな口を開けて発音する

という点を意識して取り組んでいきましょう。

*CDの音声を必ず使用してください。

本日の学習目標

3日目の学習目標は

  • 母音の発音に慣れる
  • 四声の発音に慣れる
  • 複母音(母音の組み合わせ)の発音に慣れる

上記の3点です。母音の発音、四声の発音、複母音の発音に少しずつ慣れていきましょう。

四声について

まずは中国語の要である四声についての確認からスタートしましょう。

中国語には四声(しせい)というものがあります。その名の通り、一つの音につき、4つの音階が存在します。

具体的には

  • 第一声 ā
  • 第二声 á
  • 第三声 ǎ
  • 第四声 à

の4つです。まずはこの四声をマスターすることからスタートです。

四声発音のコツ

初めて耳にする四声はどうでしたか?これから中国語を学習していく上で、四声は非常に重要になってきます。

聴き取りはもちろんのこと、自分の口から発音することができなければ、会話になりません。

でも、大丈夫!語学はトレーニングです。

  • 続けること
  • 大量に聴くこと
  • 大量に音読すること

で解決できます。

ここで、四声の発音のコツについてまとめておきたいと思います。

  • 一声(ā):少し高めの声で「アー→」(発音しながら左手を左から右へ水平に移動)
  • 二声(á):ヤンキーがキレて「あぁん?↗︎(斜め上に声を持っていくイメージ)」(発音しながら左手を左下から右上に向かって思いっきり突き上げる)
  • 三声(ǎ):落ち込んだときの「あ⤴︎〜あ⤵︎」(発音しながら左手をǎの三声のマークに沿わせる)
  • 四声(à):急降下「アーッ↘︎(斜め下に声を落とすイメージ)」(発音しながら左手を左上から右下に向かって急降下させる)
  • 大袈裟に四声を読み分けること
  • 手を使って大胆に身体で覚える気持ち

で発音練習すると上手くいきます。身体に染み込むまで何度も練習していきましょう。

母音の発音

母音は下記の6つです。

下記の6つの発音をテキストp.12〜のイラストを見ながら、CDの正しい音声を聴きながら、感覚を掴むイメージでCDに続いて発音練習していきましょう。

  • a
  • u
  • o
  • e
  • i
  • ü

複母音の発音

複母音とは、上記の母音を組み合わせてできたものです。今回は13個の複母音について練習していきます。

下記の13個の発音をテキストp.20〜のイラストを見ながら、CDの正しい音声を聴きながら、感覚を掴むイメージでCDに続いて発音練習をしていきましょう。

  • ao
  • ou
  • ai
  • ei
  • ua
  • uo
  • ia
  • ie
  • üe
  • iao
  • iou
  • uai
  • uei
  • 浅く広くの学習を繰り返す

ことを重視しているので、今日1日で完璧にマスターする必要はありません。複母音の発音と四声の感覚が掴めれば、本日はOKです。3周くらいチャレンジしてみてください。

お疲れさまでした。

まとめ

まだまだ始まったばかりです。コツコツがんばっていきましょう!

まだテキストを購入されていない方はこちらよりどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です