上海留学日記〜チャイチャイチャイナー

2019年9月〜上海交通大学に1年間交換留学しています。上海の留学生活や中国での生活について紹介しています。

【中国】高速鉄道のチケットが買えなくなりました

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:chaichaichaina:20191226204143p:plain

中国の高速鉄道が買えなくなってしまいました。

よっしゃ〜テスト終わった!レポートも仕上げた!というわけで、冬休みの旅行の計画を進めておりました。地球の歩き方「中国」で以前から予習していたので、旅のルートを組んで、高速鉄道の切符を予約しようとしました。ところがどっこい、以前はすんなりと予約できていた高速鉄道のチケットが予約できなくなってしまいました...。

 

 

中国の高速鉄道のチケットが買えない問題

以前に中国の高速鉄道のチケットの乗り方や買い方について紹介しました。 

www.chaichaichina.com

 何度も高速鉄道の切符を予約してスムーズに予約することができていたので、今回のように急に予約ができなくなってしまい、びっくらこいております。中国では基本的に制度が外国人に優しくないので、今回の件でさらに中国の盾の強さを感じております。

*今回予約できなくなったのは、「12306」での予約です。日本語で予約をすることができるTrip.comでは、問題なく予約をすることができます。ご安心ください。

 

急に高速鉄道のチケットが買えなくなった原因

急に高速鉄道のチケットが買えなくなってしまったので、いろんな人に原因を聞きまくりました。誰に聞いても(中国人に聞いても、日本人に聞いても)理由はわからないし、そんな状態になったことはないと言われました....。

 

原因仮説その1 春運

春運(春節帰省ラッシュ)のために外国人に対して規制をしている説。

今年は春節が例年よりもかなり早いです。1月中旬の切符がもう買えません。一枚も残っておりません。おそるべし春運です。

 

原因仮説その2 中国人は身分証で全てがまかなえるようになった

最近になりまして、中国の身分証を持っている人は身分証だけで全てがまかなえるようになりました。どういうことかと言いますと、切符を用意する必要がなく、身分証で駅に入場し、身分証で改札に入ることができるということです。もはやパスポート。

これらの導入が原因かも?外国人はこれまで通り窓口で切符を発券して、有人窓口でパスポートと切符のチェックを受けなければなりません。

外国人にはさらに排他的になっている今日の中国でございます。

 

原因仮説その3 取り締まりの強化

最後は中国政府の取り締まりの強化説です。

「どうしよう。終わった。もう中国で高速鉄道乗れないやん。」と思っていたところ、

SMSがスマホに届きます。

 

「您的身份没有通过铁路局核验而购买失败,建议您携带乘客有效证至火车站办理核验,核验后可正常购买。」

「(あなたの身分情報が鉄道局の検査に通っていないから、切符を買うことができなかったよ。有効な身分証明書を持って高速鉄道の駅で身分確認登録をしてね。きちんと登録できたら、そのあとは切符を買うことができるよ。)」

 

え....えっと....とハテナマークを頭の中に思い浮かべないわけにはいかなかったのです。いや、これまで普通に買えてたやん。なんで急にこうなるの〜。

このSMSが届いてからググるのではなくて百度で調べてみると、どうやら中国人でも外国人でも12306上でネットで高速鉄道の切符を買うためには、最初に高速鉄道駅での身分確認が必要のようです。

私はそんなものをしたことがありません。ということは、最近制度や取り締まりが厳しくなったのかも。

とりあえず、こうなってしまった以上、高速鉄道の駅へ行ってゴリゴリ交渉するしかありません。長年中国に住んでいる日本人の方に聞いても、身分確認なんてしたことないよと言われたのでレアケースなのか、それともたまたまこうなってしまったのか...。

とりあえず、現状言えることは「ネット上で高速鉄道の切符を予約することができません!!!」

 

チケットをどうしても買いたいので解決方法を探る

ネットで高速鉄道の切符を購入することができないという立場に追い込まれてしまいました。冬休みは迫って来ている。今年は春節も例年よりかなり早い。どうしても切符を確保したい。

ということで、12306ではなくCtrip様に手数料を支払って購入する方法を取りました。

f:id:chaichaichaina:20191226210734j:image

Ctripでは予約をするときに、手数料を支払ってCtripにチケットを取ってもらうか、12306上で手数料無料でチケットを取得するか選択することができます。

Ctripに手数料を支払えば、予約することができました!!手数料はかかるけれど、仕方がない...。中国は本当に外国人には厳しい、優しさが足りない....。自分の国だけで広いし、人口も多いし、いっぱいいっぱいなのはわかるけれども。

 

毎回手数料を払うのが少しもったいないので、高速鉄道駅で身分確認というものにチャレンジしたいと思います。チャレンジしてみて無理だったら、諦めてCtrip様にお世話になろうと思います。

 

追記

zhanggeさんよりコメントをいただきました。やはり身分確認の手続きが必要のようです。高速鉄道の駅もしくは、12306のアプリ上でも身分確認をすることができるということを教えていただきました。ただ、アプリ上からの場合はかなり時間がかかるようです。zhanggeさん貴重な情報提供、本当にありがとうございました!

春節の切符を予約している際に、Ctripに手数料を支払ってもなぜか予約することができなかったので我慢ができず、本日高速鉄道駅にて身分証明確認を行ってきました。

身分証明確認は駅の切符売り場の「服務台」というインフォメーションのようなところで行ってくれました。下記の2点が必要です。

  • パスポート
  • 登録済みの12306のアプリ

パスポートとともに身分確認をしてほしいと言うと数分でお姉さんが行ってくれました。難易度が少々高いので「身份核验」と紙に書いて見せるのが良いです。

この確認が終われば、無事にネット上で好きなだけ切符が買えるようになりました〜パチパチパチパチ。 

中国で高速鉄道に乗りまくってやるぜ!と言う方は、中国に来た際にもしくは12306のアプリ上で身分確認をしておくと、問題なく乗車することができるので「身份核验」はするべきです。

 

まとめ

いや〜高速鉄道の切符がネット上で買えなくなるというのは大変不便!不便極まりないです。いつ何時このように急にチケットが買えなくなってしまうかわかりませんので、みなさまお気をつけください。高速鉄道駅で身分確認の作業をしましたら、また追記したいと思います。(→追記:「身份核验」が終了したら、無事に切符が買えるようになりました)

 

関連する記事

 

www.chaichaichina.com

www.chaichaichina.com

www.chaichaichina.com