チャイチャイチャイナー

2019年9月〜上海交通大学に1年間交換留学しています。上海の留学生活や中国での生活について紹介しています。

上海自然博物館へ行ってきました

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:chaichaichaina:20191105123901j:plain

上海自然博物館へ行ってきました。

またまた博物館シリーズです。これまで上海歴史博物館や上海公安博物館など様々な博物館へ行ってきました。今回訪問したのは、上海自然博物館です。化石などが展示されているということで行ってきました。

 

 

誰もが楽しめる「上海自然博物館」

上海自然博物館は2015年にオープンした新しい博物館です。上海自然博物館は親子連れに人気の博物館ですが、大人が行っても楽しめる、誰もが楽しむことができる素敵な博物館です。

f:id:chaichaichaina:20191105123852j:image

 

上海自然博物館の基本情報

営業日:火曜日〜日曜日(定休日:月曜日)

営業時間:09:00〜17:15(最終入場時間:16:30)

入場料:大人 30元/学生・子供 12元/130cm以下の子供・70才以上 無料/60〜70才 25元

所要時間:1時間半〜半日

アクセス:地下鉄13号線自然博物館駅1番出口よりすぐ

住所:上海市静安区北京西路510号

 

博物館の入場料

中国の人たちはスマホでチケットを買うことができますが、外国人はできないので有人カウンターでチケットを購入します。ここでも例によって学割が使えます。日本の学生証でも大丈夫です。
f:id:chaichaichaina:20191105123837j:image

学割を使うと12元です。安い。チケットを買うときとチケットを持って入場するときの2回学生証を確認されます。
f:id:chaichaichaina:20191105124009j:image

 

上海自然博物館へ入場

いつものごとくセキュリティチェックを受けた後、博物館へ入場します。博物館は2F/1F/B1/B2M/B2と5つの階に分かれています。入場ゲートは2階にあるので、エスカレーターで入り口に移動します。順路としては2階から順番に下に降りて見学していきます。
f:id:chaichaichaina:20191105123843j:image
f:id:chaichaichaina:20191105123923j:image

 

上海自然博物館内の様子

入場できましたので、いよいよ博物館の中を見学していきます。圧倒的に親子連れが多いです。中学生が課外学習で来ていたりもしました。新しくできた博物館ということもあって、大変綺麗です。
f:id:chaichaichaina:20191105123932j:image

2階から見学がスタートするわけですが、2階の動物のレプリカには圧倒されます。天井が高く、天井から吊り下げられているのでワクワクします。圧巻の展示の仕方。
f:id:chaichaichaina:20191105123947j:image

これは日本のクモガニらしいです。東京湾で採られたものと書いていましたが、東京湾にこんなに大きなカニがいたのでしょうか。
f:id:chaichaichaina:20191105123940j:image

天井にはたくさんのレプリカが吊るされてますが、左右には動物たちがたくさん展示されています。右も見ないといけないし、左も見ないといけないし、上も見ないといけないし、大忙しです。
f:id:chaichaichaina:20191105123944j:image

ペリカンさん。
f:id:chaichaichaina:20191105124000j:image

シロクマさん。このゾーンはクマゾーンでパンダも一緒に展示されていました。パンダ可愛い!と世間では言われていますが、パンダは白黒なだけでクマです。中国語ではパンダは熊猫と書きます。
f:id:chaichaichaina:20191105123915j:image

 

順路に沿って展示物を見ていたら、1階に到着しました。THE・博物館の光景です。小さい子達はとても喜んでいました。
f:id:chaichaichaina:20191105124005j:image

 

見るところがたくさんあるので、どんどん先に見学していきます。
f:id:chaichaichaina:20191105123846j:image

これは世界の人口増加について。世界の地域の中でアジアの人口が圧倒的に多いと書かれていました。中国とインドの人口の力が大きい。
f:id:chaichaichaina:20191105123849j:image
f:id:chaichaichaina:20191105123919j:image

 

こちらはダーウィンの進化論についてのコーナーです。高校の生物で学習した細胞の絵が展示されていて、細胞のことを学習していつ使うんだろうと思っていましたが、使うときがありました。
f:id:chaichaichaina:20191105123857j:image

ダーウィンコーナーを終えてB2Mへ向かうところです。恐竜の化石が展示されていました。どういうコンセプトなのかはわかりませんが、恐竜たちの化石の横にはなぜか内臓が見えるように展示されたティラノサウルスさんがおられました。
f:id:chaichaichaina:20191105123910j:image

最後のB2階の見学です。B2階のメインの展示はアフリカの動物です。
f:id:chaichaichaina:20191105123952j:image

虎の毛皮です。おそらく本物。映画でしか見たことがなかったから、これがリアルな毛皮なのかとしっかり見ておきました。
f:id:chaichaichaina:20191105123926j:image

 

以上で博物館の見学は終了です。5つのフロアがある広大な博物館なので全て見るだけでも時間がかかります。全ての展示物を見学するのに2時間、一つ一つゆっくり見学する場合は半日〜1日かかるのではないかと思います。

私が朝到着した時の入場者数は600人ほどでしたが、お昼頃の帰る時間になると3000人に増えていましたので、朝早くからの見学がおすすめです。

 

まとめ

子供から大人まで楽しむことができる上海自然博物館へ行ってきました。展示物も立派で行った価値がある博物館でした。2階から見る動物たちのレプリカの光景が素敵なのでよかったら、訪れてみてください。

 

関連する記事

 

www.chaichaichina.com

 

www.chaichaichina.com

 

www.chaichaichina.com