中国でネットスーパーの利用方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:chaichaichaina:20190923140924p:plain

上海でネットスーパーを利用してみました。

デリバリーサービスがかなり発展している中国。内心ドキドキしながら、ネットスーパーを利用してみました。利用方法や使ってみた感想についてレビューします。

 

 

上海のネットスーパーを利用する

留学に来て1ヶ月が経過しました。何か新しいことにチャレンジしてみたい、ということでネットスーパーでの注文にチャレンジしてみました。日本にいる時には通販でよく買い物をしていましたが、上海に来てからはこれが初めてのネットショッピングです。

ドキドキ、ハラハラしながらネットスーパーを利用した感想です。 

 

ネットスーパーで注文する

まずは、ネットスーパーで注文をしたいと思います。

f:id:chaichaichaina:20191005201513p:plain

今回利用したネットスーパーはかばさんが可愛い「盒马鲜生」です。アプリがあるので、アプリから注文をします。会員登録が完了したら、早速注文していきます。

今回は私が好きな烏龍茶を箱で買ってみようと思います。

烏龍茶で検索したら、ありました。

f:id:chaichaichaina:20191005203841j:image

サントリーのパッケージを丸パクリした烏龍茶もあるので、注意が必要です。

f:id:chaichaichaina:20191005203922j:image

それにしても丸パクリ感すごい...。

 

中国で販売されているお茶には砂糖が入っていて甘くなっているので、「无糖(無糖)」を選択します。

選択したら、買い物かごに入れて。

f:id:chaichaichaina:20191005203953j:image

届けてもらう住所と名前と電話番号を確認して。

f:id:chaichaichaina:20191005204059j:image

アリペイでお支払いをして完了です。

クレジットカード情報を入れることもなく、さささっとアリペイでお支払いができてしまうこの感じ。便利は便利だけど、スピーディー過ぎて間違ってないか不安になります。
 

購入したものは翌日中に到着するみたいです。届けてもらう場所にもよるみたいです。

 

品物を受け取る

いよいよ品物の受け取りです。

朝10時頃に1〜3時間後に届けるよ〜というメッセージが届きます。

が、待てど待てど届かず。

品物が到着したのは、17時でした。私は寮に住んでいるので、玄関に置かれていました。

品物が到着したら、SMSが届くとともに届けてくれたお兄さんからも電話があります。

私は怖くて出れなかったのですが、その後お兄さんからも玄関に置いておいたよ〜というメッセージを受信し、無事に受け取ることができました!

f:id:chaichaichaina:20191006194713j:image

箱はボロボロですが、ちゃんと烏龍茶です。

 

かかった費用

送料は無料だったので、商品代の39.9元かかりました。烏龍茶一本あたり2.66元なので、スーパーで買う価格と同じかそれよりも少し安いくらいで購入できました。

何よりも配達してくれるので、スーパーから重たい荷物を持って帰ってこなくて良いのが楽です。

 

まとめ

烏龍茶一つ注文するだけなのに、手が震えるくらいとても緊張しました。無事に受け取ることができ、これでしばらくは重たい思いをしてスーパーから持って帰ってこなくても良さそうです。

中国の進んだ電子決済を実感しています。便利すぎて、流動性が高すぎてまだまだ適応できておりません。

 

関連する記事

 

www.chaichaichina.com