meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0">

中国ってどんなところ?日本人は中国が嫌い?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:chaichaichaina:20181213124001p:plain

 

本日は、このブログのタイトルでもある中国についてお話します。

f:id:chaichaichaina:20181030175402j:plain

上海の夜景。キラキラいやギラギラ輝いています。

 

 

 当ブログ「チャイチャイチャイナー」について

このブログには『チャイチャイチャイナー』というタイトルをつけています。このタイトルにした理由は、もっと多くの人に中国について知ってもらいたいから、中国に興味を持ってもらいたいから、たくさんの人に中国本土へ旅行に出かけてほしいという想いがあるからです。

中国ってどんなところ?

中国は日本のお隣の大陸で23の省から構成されている国です。経済成長は凄まじいですが、”社会主義”を自称していることもあり、日本や他の先進国と比べても独特の雰囲気を放っている国家です。そんな中国について私なりの視点で紹介していきます。

 

中国のイメージ

ところで、みなさん『中国』と聞いて何を思い浮かべますか?

  • 爆買い
  • マナーが悪い
  • 声が大きい
  • 空気が汚い
  • 衛生悪い
  • 中国産って...ねぇあんまり...
  • コピー大国
  • あまり興味ない
  • 独特の政治体制
  • 行きたくない
  • 中国嫌い

こんなところでしょうか?

 

では、この印象はどこから来ているのでしょうか?実際に行ったことがありますか?

おそらく多くの人は実際に行ったことがないのに、ネガティブなイメージを持っていると思います。

現在の日本は、中国人がたくさん来てくれるおかげで経済が回っており、多くの人は中国製の衣類をたくさん身につけているのに、まるでそんなことは自分に関係ないかのように思っていませんか?

 

実際の中国

私も中国へ行く前は、そんな気持ちを抱いていました。台湾は良さそうだけど、中国本土はな...と考え、旅行先からは真っ先に外し、近くて遠い国、よくわからない得体の知れない国だと思っていました。

 

が、しかし行ってみるとどうでしょう

凄まじい活気と経済がぐるぐる渦巻く状態で自分の中の常識がひっくり返りました。

「なんや、ここは。すごい。すごい。こんな景色今まで見たことがない。」と思いました。

 

それと同時に「ああ、このままではそう遠くない未来に日本と中国の立場が逆転するだろう。」とさえ感じました。

 

中国の所得は年々上昇しています。一昔前では考えられなかった中国人の海外旅行増加が表しています。私はバブルの時期にまだ生まれていなかったので、どのようなものだったのか知りませんが、「ああ。バブルの時期ってこんな感じだったのかな。」とひしひしと感じました。初めて上海を訪れた時に、肌で活気と勢いを感じたので、興奮したのを今でも鮮明に覚えています。これから先、まだまだ中国の世界での存在感は強まっていくと考えています。

 

日本人が抱く中国の悪い印象の事実

ここで、日本人が中国に対して良い印象を持っていない理由について私なりに考えてみました。いろいろな意見があるかと思いますので、これは一意見であるととらえてください。

 

声が大きい

確かに大きいです(笑)彼らはとってもうるさいです(笑)

よく喋るというのもあるのですが、中国語を発音するときにはお腹から声を出さないと音が出ないのです。なので、必然的に大きな声になってしまいます。これを知っていたら、彼らのことをもう少し優しく見れそうでしょう?

 

空気が汚い・衛生が悪い

実際に行ってみてください!想像よりもはるかに改善しています。トイレも日本の公衆トイレレベルです。アメリカなども含めて海外のトイレはあまり綺麗でないです。ですので、心配入りません。外出先でトイレに行きたくなったら、大きなデパートのトイレに行くのがおすすめです。公共のトイレでも便座が暖かく、綺麗なのは日本だけです。感謝。

食事についても”ちゃんとした”お店で食事をすれば問題ありません。ただ、あまり安いお店などでご飯を食べるのは控えてくださいね。ガイドマップに載っているようなお店やショッピングモールの中に入っているお店で食事をするのであれば問題ありません。

 

コピー大国

確かにコピー大国です。キャラクターのコピーが横行しています。それはいけないことです。

しかし、ITなどの技術面に関しては、戦後日本も他の国からたくさん真似をして習得してきたものです。日本もたくさんコピーをして、独自のものを編み出してきました。日本はいいけど、中国はだめ。そんなことはないですよね?

中国・深センは中国においても最先端のITの街です。街のそこら中でドローンが飛び交い、そこら中でiPhoneの修理が行われています。

香港から電車で行くことができますので、香港旅行で日程に余裕のある方はぜひ一度訪ねてみてください。2018年9月に高速鉄道が開通したこともあり、以前よりも快適に移動することができます。

また、深センは中国ですのでパスポート審査があります。

普段島国に住んでいる私たちが陸路で入国するということは滅多にできない体験ですので、そちらも満喫してきてくださいね!

 

あまりよく知らない

私も含め日本人は中国について深く知らない人が多いと思います。また知ろうともしない人も多いのではないでしょうか?

アメリカやヨーロッパについて学ぶことももちろん大切なことです。しかし、アメリカはだんだんと衰退していることを知っていますか。欧米への憧れが強いかもしれませんが、世界の中心がすぐ側にあることを忘れないで。

また、中国人としっかり話したり、友達になったこともないのに、『中国人』という枠組みの中で人を判断するのは、もう時代遅れだと思います。

日本人の中にも、いい人もいれば、悪い人もいるでしょ?

それと同じです。人間いろいろな人がいます。中国は人口が多いから、そういう人が多くいるように感じるだけです。

中国は、見方によれば日本よりも発展しています。もちろん農村と都市では日本と比べられないほど大きな格差がありますが。

いずれ現在の日本と中国の立場が逆転し、”出稼ぎ”に日本人が中国へ働きに出る時代が来るかもしれません。

 

まとめ

  • とにかく一度中国本土へ行ってみて!上海がおすすめ!
  • 実際の中国を自分の目で見て確認してほしい
  • メディアのネガティブな情報に流されないで!

 

私がブログを開設したのは、少しでも多くの人に中国へ実際に行ってもらいたいからです。不安なことや旅行の難易度を下げ、気軽に出かけてもらいたいからです。私の記事や写真を見て、行ってみたいと思う人を増やしたいからです。

実際に行ってみて、中国が自分に合わなかったのならそれはそれで構いません。行く前から拒否するのではなく、まずは実際に中国へ行って、自分の目で確かめてもらいたいと思っています。

行ってみないとわからないことがたくさんあります。中国までは3時間もかかりません。場所によっては国内を移動するより早く行くことができます。

 

中国へぜひぜひ一度足を運んでください!!!

 

旅の準備や渡航中のみなさんの不安を少しでも軽減できるよう更新していきますので、ときどき覗いていただけるとうれしいです。